シリンジ法が向いている人(夫が膣内射精障害のケース)

シリンジ法が向いている人(夫が膣内射精障害)

自宅で出来る人工授精として話題になっているシリンジ法がどのような人に使われているのか調べてみました。
その中で多かったのが夫(旦那)が膣内射精障害というケース。

 

妊活をしようと思って体調などを整えても夫が膣で射精できなければ意味がありませんよね。
実は女性器の中で射精できない(膣の中ではイケない)男性が増えているそうです。

 

膣内射精障害の原因は

膣の中で射精できない原因は男性側の間違ったオナニーの仕方が原因であることがほとんどです。
強すぎる力でペニスをしごいていたり、畳や床に性器をこすりつけるオナニーをしている男性は要注意。

 

こうしたオナニーをしていると、強い刺激がないと射精できなくなってしまいます。
膣内の刺激だけではものたりなく感じてしまうからです。

 

膣内射精障害の治療には時間が掛かる

膣内射精障害を治療するには間違ったオナニーを止めることと、ソフトな刺激でもイケるようになることです。
シンプルなことですが、それだけに時間が掛かります。また根気も必要です。

 

時間も根気もあるなら、二人で愛し合い方を工夫することも出来るのですが、年齢的に妊活の時間が限られているとそうもいきません。そこで、妊活用に使えるのがシリンジ法というわけです。

 

シリンジ法なら、今まで通りのオナニーの仕方で射精すればOK。
これをシリンジ法キットを使って膣内に注入するだけです。

 

妊活はこれで行って、膣内射精障害の治療は時間をかけてやっていくという人に利用されているようです。

シリンジ法キットをチェック