妊活の費用を抑えたいときはシリンジ法が向いています

シリンジ法が向いている人(妊活の費用の抑えたい)

妊活の費用は保険が効かないものがほとんどのため、どうしても高額になってしまいます。

 

どうしても赤ちゃん(子ども)が欲しいのでお金はいくらかかってもいいと思っていても、現実的には払えることが可能な限界というものがあります。資産家なら別ですが普通の稼ぎだとそうなりますよね。

 

妊活の費用で貯金を切り崩すのはアリ?

給与やボーナスだけでは足りないからといって、妊活の費用に貯金を切り崩す人もいるようです。
赤ちゃんのためならという気持ちからでしょうが、計画的に行わなければなりません。

 

というのも、出産後のほうがお金がかかるからです。
あたり前ですが、教育費など子どもにはお金がかかります。

 

ほかにも家族の病気やけがなど「もしも」を考えると、できるだけ貯金は切り崩したくないもの。
となると、やはりできるだけ妊活の費用は抑えておかなくてはなりません。

 

1回あたり499円のシリンジ法キット

妊活の費用を抑えたい人が使っているのがシリンジ法です。
一般的な人工授精だと1回数万円以上かかるのに対し、シリンジ法キットは1回あたり499円。

 

桁が違いますよね。
排卵日を狙って使えば妊娠する確率も上がります。

 

貯金を切り崩さないどころか、いままでの妊活費用を生まれてくる子のための教育費貯金に回すこともできるのではないでしょうk。ぜひ、活用してみてください。

シリンジ法キットをチェック