二人目不妊の意外な原因はコレ

二人目不妊の意外な原因は…

一人目のときは自然にいつの間にか妊娠してたんだけど、二人目となるとなかなか…という二人目不妊に悩んでる人が多いようです。意外とこの二人目のカベというのが高いとか。

 

20代でも二人目がなかなかできないという夫婦はいますし、30代となると年齢的なことを考えてアセリも出てくるもの。そこで二人目不妊について調べてみると、意外なことが原因になっていることがわかりました。

 

二人目不妊は性交渉の回数の減少が原因

二人目の不妊で悩んでるということは、一人目はできたということです。
なので、お互いのカラダに問題があるわけではありません。

 

一人目のときよりもお互いに年齢を重ねているので、妊娠力が落ちることは考えられますが、それよりも不妊の原因は別にあります。単に性交渉の回数の減少です。

 

これは二人目の不妊治療に訪れる夫婦にクリニックや診療機関でも最初に確認します。
つき合い始めてから年数がたてば、回数は減っていて当然。

 

ただ、あまりに減りすぎていると妊娠しにくくもなります。あまりにも子供が欲しいばかりに排卵日前後ばかりを狙って行っていると、トータルの回数が減ってしまうこともあります。

 

もっと自然に回数を増やす
これが二人目の不妊対策の基本だそうです。

 

クリニックの中にはそこは変わっていないという前提で確認しないところもあるそうですが、そうしたところはあまり良心的ではありません。不妊治療で報酬を得ようとしているだけかもしれません。

 

アレコレ治療をする前に、回数を確認する。
そもそも、一人目は妊娠しているのですからカラダに問題はないはずです。

 

あとは妊娠する確率を上げるために回数を増やす。
単純なことですが、こえrが王道のようです。

シリンジ法キットをチェック